大学院(社会学専攻・社会福祉学コース)

大学院(社会学専攻・社会福祉学コース)について

社会福祉学をより深く学びたい皆さんのために、社会福祉学コースを設置しています。学部からの進学のほか、社会人の方々のリカレント教育としても広く門戸を開いています。

前期課程2年間、後期課程3年間で構成されています。前期課程では、社会人の方々が働きながら履修しやすいように、夕方・夜間(6限:18:00~、7限:19:40~)に時間割を設定しています。

前期課程では、「社会福祉研究法」、「社会福祉基礎研究」、「社会福祉応用研究」の3つの領域からなるカリキュラムを編成しています。国や地方公共団体で活躍する公務員をはじめ、民間福祉施設やNPO、学校、病院などさまざまな機関・団体において、高い専門性、能力、技術を充分に発揮し、それらの中核的存在として貢献できる人材を養成します。

後期課程では、社会福祉学の高度な専門知識、研究方法の修得を目指す学生を求めており、研究対象とする社会福祉学の分野について、高度な専門知識と研究方法を一層深化させ、幅広い視野とバランス感覚を持ち、高度化・多様化・複雑化する福祉ニーズを的確に捉え、研究活動を自立して遂行できる研究者、または教育者を養成します。

教員一覧

員名 職名 専門領域 担当科目
上之園 佳子 教授 介護福祉法制度史,地域ケア政策,保健福祉研究 社会福祉特殊基礎研究1, 社会福祉特殊応用研究1
〇太田 由加里 教授 児童福祉,スクールソーシャルワーク 児童家庭福祉基礎研究, 児童家庭福祉応用研究
〇金子 絵里乃 教授 ソーシャルワーク,臨床死生学 医療ソーシャルワーク基礎研究, 医療ソーシャルワーク応用研究
鴨澤 小織 准教授 社会政策,質的研究法,ジェンダー論 社会福祉歴史基礎研究,社会福祉歴史応用研究
川村 宣輝 教授 障害者福祉,職業リハビリテーション学 社会福祉特殊基礎研究2, 社会福祉特殊応用研究2
久保田 純 准教授 ソーシャルワーク実践理論,公的扶助 ソーシャルワーク実践理論基礎研究,ソーシャルワーク実践理論応用研究
〇白川 泰之 教授 社会保障法,居住支援政策 社会福祉政策論基礎研究, 社会福祉政策論応用研究
〇諏訪 徹 教授 地域福祉,福祉政策,福祉マネジメント 地域福祉政策研究, コミュニティワーク研究
〇山田 祐子 教授 高齢者福祉,虐待対応ソーシャルワーク 高齢者福祉基礎研究, 高齢者福祉応用研究
〇吉田 仁美 准教授 障害者福祉,障害者ジェンダー統計 障害者福祉基礎研究, 障害者福祉応用研究

※令和4年4月1日現在。「〇」は、研究指導教員